生命保険の見直し


 もう一つ、保険と言えば生命保険料です。

 私は2000年に子供が生まれ、2001年にマイホームを取得したのを機に、生命保険の見直しをしました。まず、死亡保険の額を減らしたのです。みなさんご存じのように住宅ローンを組むと団体信用保険に加入します。自分に万が一のことがあれば、住宅ローンはチャラになるので、住宅費の分の保険金は考えなくても良いことになるからです。

 ただ、保険金額を減らすだけでなく、同じ保険金額でも保険料が安くならないか、いろいろ検討しました。その結果、月額19,945円だった保険料を18,883円に圧縮することができました。年間で12,744円の節約です。その後さらに見直して月額16,688円。さらに実は今、月額9,949円です。その時々の自分の状況に応じて、見直していくことが重要だと思います。

 これもやはり、従来の保険会社より、電話やインターネットで申し込める保険会社の方が保険料は安くできます。

 ちなみに、私は浮いた生命保険料を個人年金に回しました。月8千円ずつ、年間9万6千円です。この金額にも理由があります。年間10万以上やってもあまりメリットが無いからです。

 生命保険料控除というのがあって、減税の対象になることは皆さんご存じだと思いますが、通常の生命保険の場合、控除額の上限は5万円(保険料10万円の場合)で保険料を年間10万円以上いくら払っていてもそれ以上は減税されません。

 ところが生命保険料控除には通常の生命保険分の他に個人年金分というのがあって、同じく控除額の上限は5万円(保険料10万円の場合)です。浮いた保険料で一種の貯金のような個人年金に加入することによって、5万円×税率分の税金が戻ってきます。税率が10%の人は5千円、20%の人は1万円です。

 また、保険の見直しの無料相談なんていうサービスもありますので、ご紹介しておきます。

生命保険個別会社見積・資料請求
女性のための入院保険「フェミニーヌ」

女性限定 子宮筋腫など女性特有の病気を重点保障する保険

生命保険一括見積・資料請求

あの保険会社も! ネット申込みの保険にみんなが注目中!
【無料】最大17社の生命保険を一括パンフレット請求!
保険モール/各社がん保険の保険料をネット上でリアルタイム検討

生命保険無料相談
保険比較  医療保険  死亡保険  がん保険  終身保険
保険cafe 保険見直しで500万円節約!
生命保険無料相談 生命保険の疑問にお答え致します
保険アドバイザーズ・アンケート
【無料】で保険の
プロに相談!!
これだけわかれば大丈夫!! 女性のための保険選びのひけつ!
生命保険ドットコム
保険見直し
賢い保険の節約術
保険GATE 保険料が半額に!?相談料0円

90%の方が保険相談で節約成功

『我が家のオール電化&太陽光発電』−導入体験者だからここまで語れる−

 

 

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー