オール電化:エコキュートのマニアックな使い方
ー とにかく温度を何とかするのだ! ー

我が家ではオール電化(エコキュートとIHクッキングヒーター)&太陽光発電をリフォームで導入しました。
導入過程の重要ポイント、経験して初めて知った事など、体験談をご紹介します。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン



<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。



 このページでは、エコキュートのかなりマニアックな使い方をご紹介します。

 英語で「maniac」というと「気違い」という意味らしいですが、そんなに外れてはいないかもしれません。
 (笑)

 無理してマネする必要は全くありません。『あくまでも参考』ということで・・・

 

 

エコキュートの貯湯器の保温性能向上


 まずは、エコキュートの貯湯器の保温性能を向上させようという試みです。

 ダンボールに梱包用の薄いウレタンシートを張り合わせ、それを貯湯器の周囲に取り付けました。

 もちろん、ダンボールはタダ、ウレタンシートは1枚105円×5枚で525円。荷造り用のテープ代を入れても
製作費せいぜい600円といったところでしょうか?
 

貯湯器の保温の写真


 ダンボールの内外の温度を測ってみました。 その差は約20℃あります。
 今まで、それだけの熱が逃げていたということですね。

 外気温が37.4℃なのと同じと考えられるので、この時期でも真夏のド熱い日中の気温と同じ放熱ロス
ということになります。
外気温 ダンボールの内側の温度

 

エコキュートのヒートポンプユニットの吸気温度


 エコキュートのヒートポンプユニットの効率(COP)は吸気温が高いほど良くなります。

 我が家ではヒートポンプユニットの冷たい排気がすぐ近くのブロック塀にあたって跳ね返ってくるので、
吸気の温度が下ってしまいます。そこで、ヒートポンプユニットの側面をダンボールで囲い、冷たい
排気が直接入らないようにしました。さらに、この段ボールのなかに、風呂の残り湯を入れたバケツ
やペットボトルを置くことにより、吸気の温度を上げようと試みています。

 この対策により、吸気温が約3℃上がることが確認できました。

外観図

内部の様子      ↓温度計

 

真冬は早めに沸き上げ開始


 エコキュートのヒートポンプユニットの効率(COP)は吸気温が高いほど良くなります。

 内陸部では夜から翌朝にかけて気温が急激に低下します。従って、明け方に沸き上げるのはCOPの観点ではもったいないのです。

 我が家の電気料金は東京電力の「おトクなナイト10」で、深夜時間帯は22:00〜翌8:00です。

 真冬は多機能の床暖房も使っているので、ほぼ満タン状態まで沸き上げていますが、ヒートポンプユニットは毎日ほぼ11時に動き出します。

 そこで、上記の残り湯を設置した上で、22:00になったら、「満タンモード」に切り替えてしまいます。
 私が寝るときに、「深夜のみ 多め」に戻しておくのです。

 外気温もまだ下らず、残り湯の効果があるうちになるべく沸き上げてしまおうという作戦です。

 「早めに沸き上げると冷めるんじゃないの?」

 いえいえ、そのためにエコキュートの貯湯器の保温性を上げておいたのです。





<前 次>


<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン

TOP『我が家のオール電化&太陽光発電』−導入体験者だからここまで語れる−

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー