「エコキュート:導入8週年での有料点検」

我が家ではオール電化(エコキュートとIHクッキングヒーター)&太陽光発電をリフォームで導入しました。
導入過程の重要ポイント、経験して初めて知った事など、体験談をご紹介します。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン



<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。


「エコキュート:導入8週年での有料点検」

(この記事は2011年10月16日に発行したメールマガジンの記載内容に対して加筆・修正したものです。)

 2011年8月で、エコキュートを導入して丸8年が経過しました。

 最近は8年延長保証などのサービスがありますが、8年前にそんな保証制度
はありませんでした。購入してから2度の故障があり、1度目は保障期間内の
無償交換、2度目は有償の部品交換でした。
 (「エコキュート故障体験記」「エコキュート故障体験記、第2弾」を参照)

 さて、9月の初めに1枚のハガキが舞い込みました。

 発送元はコロナのサービスセンター。内容は、「9月末日までなら、通常
12,000円の点検を10,000円でやります!」というものでした。

 点検内容は以下の通り。
  ・据付状態のチェック
  ・各種機能部品のチェック
  ・追い焚き拝見の掃除

 「どうせ、元々10,000円で出来るのを通常12,000円と言ってるだけだろ!」
と穿った見方もしましたが、まあ、8年も経っているし、また経験談が書ける
かもしれないという不純な(?)動機もあって、点検することにしました。

 当日、朝10時に電話がかかってきて、「15時くらいに伺います」とのこと。
 いつもそうなのですが、当日の朝にならないと、何時に来るのか分からない
というのは不便です。>コロナさん!
 まあ、前日までのオーダーに基づいて効率よく巡回するためだということは
重々承知はしてるんですけどね・・・。

 サービスマンは時間きっちりに到着しました。

 点検は、まず、貯湯器側面の板金をはずし、各種の弁を操作しながら、お湯
や水の流れ方、空気の抜け方などをチェックしていきます。
 一部の部品をはずし、ゴミや沈殿物が溜まっていないかもチェックします。
水質によってはかなり溜まることもあるのだそうです。
 また、ヒートポンプユニット横の部品もはずし、ゴミをチェックしました。
貯湯器の側面板をはずした様子 ヒートポンプユニットの点検

パイプや弁がぎっしり詰まる中、
右上の部分に制御基板がある。


フィルタにゴミが付着していないかを
チェックする。


 大方は問題なかったのですが、一箇所だけ指摘がありました。

「この弁から僅かにお湯が漏れています。今は大したことないですが、放って
 おくと漏れ量が増えてきて、漏れたお湯が他の部品に悪影響を及ぼす危険が
 あります。また、将来的にこの弁が正常動作しなくなると、熱いお湯を出す
 ときにエラーになる可能性が高く、今のうちに交換をお勧めします。」

とのことでした。

 問題の弁は、貯湯器の上部に溜まっている高温水と水を混ぜて浴槽に送る湯
の温度を調整するためのものです。

不具合が指摘された弁(赤い矢印の部分)


 そりゃあ、交換するしかないでしょう。
 早速、交換をお願いしましたが、今回は単なる点検で来ているので、部品を
持ってきていません。後日、改めて交換に来ることになりました。


 屋外の点検が終わると、今度は浴室に回り、配管の掃除をしました。

 まず、浴槽の給水口が十分ふさがるくらいまで水を溜めます。追い焚き機能
付きの機種の場合、追い焚きを開始して水を循環させます。我が家のように追
い炊き機能がない機種(追い焚きではないが、保温機能としてお湯が貯湯器内
を循環する配管が存在する)の場合、浴室モニターの裏モードを使って水を循
環させます。(裏モードはサービスマンが教えてくれます)
 我が家の機種では、「呼出」と「給湯温度の上げる(△)」を同時に5秒間
押し続けると水が循環し始めます。(他機種での動作は保証しません)

 水を循環させた状態で市販の風呂用粉末洗浄剤(一つ穴用)を一袋(160g)
全部を溶かします。5分ほど水を循環させ、配管内に洗浄剤を循環させます。
今回使った洗浄剤は「ジャバ」でした。(どこでも売ってますね)

浴室モニター 風呂用粉末洗浄剤


 配管内の汚れの状態はケース・バイ・ケースのようですが、我が家の場合、
たいした汚れではないとのことでした。
(設置して8年、初めて洗浄剤で洗ったのですが・・・)

 一度水の循環を(「呼出」と「給湯温度の下げる(▽)」を同時に5秒間押
し続けて)止め、汚れた水を排水します。浴槽に残った洗浄剤をシャワーで洗
い流し、きれいな水を溜め、もう一度水を5分ほど循環させて配管内に残った
洗浄剤を流し出します。

 以上で配管の洗浄は終了です。「半年に1回くらいは洗浄することをお勧め
します」とのことでした。


 さて・・・。それから約2週間後、部品の交換を行いました。
請求額は、10,000円(点検)+15,000円(部品代+技術料)=25,000円でした。

交換した部品


 故障の早期発見が出来て、配管の掃除をしてもらってこの請求額ですから、
有料でも点検して良かったんだろうと思っています。

 ところで、点検に来た方に聞いた話では、いわゆる『点検商法』が蔓延して
いるとのことです。特に高齢者がターゲットにされているとか。何十万もぶん
取って、何も直さないで(下手すると悪くして)いくケースもあるみたいです。
 結局、その尻拭いはメーカーサービスに回ってくるので、それならメーカー
が自ら積極的に低価格で点検しようということで、最近は点検に力を入れてい
るとの話でした。

 みなさんもたまには点検してもらってはいかがでしょう?
 もちろん、どこの馬の骨とも分からない『訪問押し売り点検』ではなくて、
メーカーの『純正点検』ですよ!

(2012.01.08)





<前 次>


<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン

TOP『我が家のオール電化&太陽光発電』−導入体験者だからここまで語れる−

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー