太陽光発電:一括見積サイトに関する一考察 

我が家ではオール電化(エコキュートとIHクッキングヒーター)&太陽光発電をリフォームで導入しました。
導入過程の重要ポイント、経験して初めて知った事など、体験談をご紹介します。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン



<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。


太陽光発電:一括見積サイトに関する一考察
【この記事は2012年10月28日に発行したメールマガジンの記載内容に対して加筆・修正したものです。】(2012.11.18)


 数年前まで『太陽光発電の一括見積サイト』と言えば、2003年からやっている老舗1社だけでしたが、近頃はずいぶん多くなりました。
 ネットでちょっと検索するだけでも、たくさん出てきますね。


 私は『太陽光発電の一括見積サイト』が存在すること、そしてそれらを利用するのは非常に良いことだと思います。ただし、利用するに当って、注意すべき点もあります。

 ここに挙げるのは、あくまでも一部の事例であって、全てではありません。
こういうこともあるので、過大な期待をせず、安易に決定せず、慎重に検討した上で決めて欲しいということです。

紹介された施工業者さんの本気度は?

 ある方から頂いた経験談ですが、とある一括見積サイトで見積を申し込んで5社を紹介されたが、そのうち1社からは2週間経っても何の連絡もなかった。
 1社は家の外観を現調して、パンフレットをポストに投げ込んでいっただけ。
 1社はその家の詳しい条件の問い合わせもなく、一般的な見積を送ってきた後、連絡なし。
 屋根の条件に基づいて、ちゃんとした見積書や提案書を送って来たのは2社だけとのことです。恐らく、その方にとっては期待はずれだったと思います。

 つまり、みんながみんな、やる気満々の業者さんとは限らないみたいです。

 本当の理由は分かりませんが、

  (1)そのケースでは場所が遠いから最初からパスした
  (2)ちょうどその時は忙しかったからパスした
  (3)とりあえず簡単な対応をしておいて本気度を見てから真剣に対応する

などが考えられます。

 (3)については、業者さんの気持ちも分からないではありません。


 別ルートの情報によると、一括見積の申込者の中には、買う気がない冷かしも少なくないのだそうです。また、同業者の嫌がらせで、故意に虚偽のクリックや申込がなされることもあるようです。
 さらに、アフィリエイターが成果欲しさに、自分や家族が申し込んだけど結局は買わない、というケースもあるようです。
 要するに、徒労に終わるケースが多々あって、疑心暗鬼になっているみたい。

 こんな状況では、申込側も受注側もモラルハザードが起こってきて、悪循環に陥っていきそうですね。

--------------------------------------------------------------------

 私もトップページ以外では、一括見積サイトのアフィリエイトバナーを貼っています。
(ちなみに、トップページに掲載している一括見積サイトは、老舗として尊敬しているので
リンクを貼っていますが、びた一文貰っていません。念のため。)

 みなさんに、私のサイト経由で一括見積をどしどし申し込んでもらって、たくさん儲けようなどというつもりはなく、「こういうサイトもありますよ」という情報提供と市場動向調査を主な目的としています。(「google adsense 」も同じような考え方でやっています)
 なので、「比較的まともかな?」と思われる4ヶ所の一括見積サイトを、なるべく偏ることなく、各サイトの掲載数がほぼ同じになるようにして紹介しています。

 まあ、ホントに儲ける気なら、広告パナーの下に、

 上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。
 購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
 「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。


なんて注意書きをわざわざ書いたりしません。

 某アフィリエイト運営会社の方から、「広告収益の最大化を度外視したサイトの作り方だ」と指摘されたことがありますが、それは私にとって褒め言葉であり、誇りに思っています。

--------------------------------------------------------------------

 おっと、話が脱線してしまいました。

 何が言いたかったかというと、実際にアフィリエイトをしていると、成果(見積申込)がカウントされた後で、キャンセルになることが時々ある。つまり、『申込があったけれど、入力内容に虚偽があったり、本人と連絡が取れなかったり、という事態が実際にある割合で起こっている』ということです。私の感覚では、3、4件に1件はキャンセルになるような気がします。

 サイト運営者や販売・施工業者さんが、疑心暗鬼になってしまう要因は確かにある、と私自身が実感しています。

 「返事が来ないけど、どうなってるんだ?」と問い合わせをしたとたんに積極的にアプローチしてきて、なかなか良い提案(機器構成や価格など)をする業者さんもあったりするそうです。難しいですね。

採算度外視の施工業者さんは要注意!

 さて、もう一つ注意すべきは、一括見積をするとかなり安く購入できるのですが、中には採算度外視の(激安を通り越して)バカ安価格を提示する業者もあって、それに飛びつく人も多いことです。その場合、手抜き工事をされたり、1年後には会社が潰れていたりということも・・・。


 下の図は、2008年度から2012年度までの、国の住宅用太陽光発電の補助金申請受理件数の推移です。

 2008年度は年度末の1〜3月だけでしたので、4倍して年換算した件数です。
 2012年度は私の推測値(26万件)で、実際にはもうちょっと少ないかもしれません。本予算分だけでは、2011度を下回ると予想されます。仮に1月頃に予算枠がいっぱいになったとすると、今の時期に衆議院解散・総選挙ですから、補助金に補正予算がつくかは大いに疑問です。

 補助金受理件数で市場動向の全てを推測することは無理かもしれませんが、大部分の方が補助金を受けていると思われるので、市場動向の大勢は現していると考えます。

 新しい再生可能エネルギー制度では、住宅用よりも事業用の太陽光発電に重点が置かれていることや、住宅用の補助金額が減ってきていることも考え合わせ、住宅用太陽光発電の年間設置件数は、そろそろ頭打ちになると私は予想しています。


 現在、太陽光発電の市場は明らかに過当競争の状態にあります。必ず淘汰されて消えていく業者がでてくるはずです。あまりにも安すぎるのはリスクがあると考えておいた方が良いでしょう。

 そして、その(価格)競争を激化させている一つの要因は、『一括見積比較サイト』の乱立であると、私は考えています。設置者の業者選びを助ける便利なシステムが、皮肉なことに、設置者のリスクを増す結果になりかねないのです。

 またまた、アフィリエイトの話になりますが、『一括見積比較サイト』の広告バナーがクリックされる確率は驚くほど低く、さらにクリックされた回数に対して、見積の申込がなされる割合は、ほんの数%です。これは私のサイトのデータであって、全てには当てはまらないかもしれませんが、多数の『一括見積比較サイト』がお客さんを取り合い、そのお客さんに対して複数の販売・施工業者さんがさらに取り合いをしているというのが、現在の状況だと思います。


 一括見積サイト自体もピンキリ!
 登録している販売・施工会社もピンキリ!

 最終的に販売業者・施工業者を選別するのは自分の目です。

 「その会社は、10年後、20年後に存続しているだろうか?」という観点も忘れずにいて頂きたいと思います。


 利用するに当って、いろいろと注意すべき点はありますが、せっかく『太陽光発電の一括見積サイト』という便利なものがあるのだから、上手に活用しましょう!




<前 次>


<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン

TOP『我が家のオール電化&太陽光発電』−導入体験者だからここまで語れる−

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー