太陽光発電の補助金について

我が家ではオール電化(エコキュートとIHクッキングヒーター)&太陽光発電をリフォームで導入しました。
導入過程の重要ポイント、経験して初めて知った事など、体験談をご紹介します。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン




<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。


(この記事は2004年時点のものです)

  ご存じの方も多いと思いますが、太陽光発電を導入すると、(財)新エネルギー財団から補助金がでます。これにも予算があって、所定の補助金額に達すると締め切られます。
 ただ、エコキュートの補助金のように殺到することはないようで、今年度分もまだ大丈夫です。これは補助金額がエコキュートほど高くないことが一因のようです。それだけ太陽光発電が普及してきたということなのでしょう。

 今年の補助金は1kW当たり4.5万円で、昨年の9万円の半分の額になっています。予算も昨年の約105億円から半分の約52億円になっていますから、1件当たりの平均発電量が同じと仮定するなら、昨年と同じ件数分まで申し込める計算になります。(1件当たりの上限は10kWです。)

 昨年度の申込数は52,339件、今年度の10月22日現在の申込数が41,649件ですから、消化率80%と推測されます。あまり余裕があるとは言えませんが、エコキュートのように数日で締め切られてしまうことはないでしょう。でも、そろそろ急いでください。

 補助金をもらうと半年に1回ずつ2年間、発電量や売電量の記録を提出する義務が生じます。

 また、地方自治体でも補助金制度があります。これは自治体独自にやっているものと、自治体経由で(財)新エネルギー財団に申し込む形で増額する場合があるようです。詳しくは、各自治体にお問い合わせ下さい。
 (財)新エネルギー財団のサイトの中で下記のページくらいは良く読んでおいてください。

 http://www.solar.nef.or.jp/josei/josei.htm
 (制度の概要と関係書類)

 http://www.solar.nef.or.jp/system/html/new.htm
 (新着情報:申込状況など)

 http://www.solar.nef.or.jp/josei/zissi.htm
 (地方公共団体による太陽光発電システム普及助成策 )

 私の知る限りでは、(財)新エネルギー財団からの補助金制度は2005年度をもって終了する予定とのことです。これは流動的な要素もありますので、注視していてください。

 それから、公共の補助金以外にこんなのもあります。
 P.V.ソーラーハウス協会というのがあって、その加盟店が施工した物件に限り、モニターとしてデータ収集に協力する約束で補助金がでるというものです。

■モニター補助金制度導入の目的
 ・太陽光発電システムの発電量データ、及び 各システム導入時の光熱費データ
  の収集を行い、データベースを作成し、その内容を二次的に使用するため。
■ 補助金額
 ・設置した太陽光発電システムの出力1kWあたり、2万円を補助する。
■対象
 ・P.V.ソーラーハウス協会の加盟店が施工し、協会主催の技術研修を終了した
  ID取得者の設置・点検した物件とする。

 詳しくは、http://www.pv-solar.co.jp/welcome.html

 我が家の場合、(財)新エネルギー財団から1kW当たり9万円の補助金をもらいましたが、施工業者と3件限定のモニターという条件でかなり安くしてもらいました。導入した感想や、1年分の発電量と売電量の記録を提供し、施工業者の広告に使用することに同意するという条件です。
 いろいろ探してみるとモニターというのは意外にあって、安く上げる一つの方法だと思います。
                                               おわり




<前 次>


<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン

TOP『我が家のオール電化&太陽光発電』−導入体験者だからここまで語れる−

 

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー