IHクッキングヒーターのメリット・ディメリット

我が家ではオール電化(エコキュートとIHクッキングヒーター)&太陽光発電をリフォームで導入しました。
導入過程の重要ポイント、経験して初めて知った事など、体験談をご紹介します。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話 お財布の味方
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン ブログ



<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。


 IHクッキングヒーターは鍋自体がヒーターとなって、容器内の調理物に熱を伝えて調理します。IH(Induction Heating)とは電磁誘導加熱のことです。トッププレートの下にある磁力発生コイルに電気が流れると、磁力線が発生し、この磁力線が金属製の鍋を通るとき、うず電流が誘導されて、鍋の電気抵抗によって発熱する熱を利用して加熱します。

 ガスコンロと比べた主なメリット・ディメリットは以下の通りです。
メリット ディメリット
1.
 火を使わないので火事や火傷の危険が少ない。空焚き防止機能もついている。ガス漏れの危険がない。超弱火でも立ち消えの心配がない。

2.
 表面が平らなので掃除が簡単。使っていないときは物が置ける。

3.
 油が飛びにくい。換気扇が汚れにくい。

4.
 火力が予想以上に強い。電気は火力が弱いというイメージがありますが、普通のガスコンロよりもむしろ強いくらいです。特に少量のお湯を沸かす時はIHの方が絶対早い。

5.
 熱効率が高く、余分な熱が逃げないので夏の調理でもガスほど暑くない
 発生した熱の約83%が調理に使われます。一方ガスの熱効率は約40%なので、約60%の熱が鍋以外に放熱されるので調理している時に暑いのです。
1.
 使える鍋、やかん、フライパンに制限がある。(ステンレス、ホーローなどは使えるが、土鍋、アルミ鍋、銅鍋、底が平らでないものは使えない) 最近はアルミ鍋や銅鍋が使える機種も出てきたが、まだ値段が高いです。

2.
 直火が使えない。(「チャーハンは火の上で炒めなきゃ」、「もちはオーブントースターではなくガスの直火で焼かないと気がすまない」、「家庭でかつおのたたきを作りたい」など、直火にこだわりを持っている方には不満が残る可能性大です。)

3.
 電磁波が体に悪いのではないかとも言われている。
 心臓ペースメーカーを使っている方は医師と相談した方が良いそうです。東芝のHPには以下のような説明がありました。
 「IHクッキングヒーターから発生する電磁波(磁界強度)は、通常の使用では微弱なものでペースメーカーの誤作動を招くとは考えられませんが、ペースメーカーにもタイプが色々あり、使用する方の個人差も極めて大  きいので、かかりつけの専門医師に相談していただく事が必要です。」
解説 解説
 我が家でオール電化を導入したのを見た母親はIHクッキングヒーターに惚れ込み、とうとう買ってしまいました。給湯はプロパンガスのままなので、ランニングコスト的には割高なのですが・・・。

 動機は、最近火傷をしたのがきっかけで火を扱うのが怖くなったというのが一番の理由だそうです。その他にやはり掃除が楽というのも理由の一つです。
 あと、使ってみて実感したのは、夏の調理がガスほど暑くないということだと言っていました。

 あまり金額がはってもどうかと思い、我が家で購入した機種よりもグレードの低い2kWのものを勧めたのですが、これは結果的にとても不評でした。
 火力は特に問題ないのですが、魚の両面焼き機能がついていなかったのです。
 私はほとんど自分で料理をしないのであまり実感がないのですが、家内は魚の両面焼き機能は「絶対はずせない」と言っております。中程度以上の機種にはだいたいついているみたいですが、カタログ等でお確かめ下さい。
 1.の鍋については、我が家の場合はあまり問題ではありませんでした。底が平らで磁石がつけば使えるのですが、試してみたら、意外に磁石がついてくれたので、使えなくなったのはアルミ鍋が2、3個とフライパン1個程度でした。元々土鍋は使わないし・・・。銅鍋は持ってなかったし・・・。
 ブランド品にこだわらなければ、大型スーパーやホームセンター等で200VのIH用の鍋やフライパンを買えば、そんなに大きな出費にはなりません。
 よっぽどこだわりの鍋を持っている場合でなければ、特に問題ではないと思います。

 2.については、全くの個人の価値観なので何とも言えません。ただ、中華にこだわる人の中には、IHは鍋を振ると加熱が止まってしまうことを心配されている方がいらっしゃいますが、最近はDSPインバーターIHというのがあって、浮かしてあおったフライパンを、トッププレート上に戻してから、元の火力に復帰するまで、今までは約3秒かかってたのが、ほぼ瞬時に加熱することができるそうです。我が家の機種にもその機能が搭載されています。

 3.についてはペースメーカー使用の方は、一応医師に相談した方が良いのではないでしょうか。
 ペースメーカー使用以外の場合、普段からテレビやパソコンのCRTモニタからも電磁波を浴びているし、電子レンジからはマイクロ波が出ているし、国際線の飛行機に乗ればかなりの放射線を浴びるし、人間ドックでCTやMRIを使えば相当な放射線と強磁場にさらされるし、なんにもしなくても宇宙から飛んでくる自然放射線を浴びてるし・・・。
 今更IHだけ気にしてもなあ・・・って思います。どうしても心配な方は事務用の防磁気エプロンをするという手もあります。




<前 次>


<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話 お財布の味方
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン ブログ

TOP『我が家のオール電化&太陽光発電』−導入体験者だからここまで語れる−

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー