我が家のオール電化&太陽光発電
 投資回収状況 

我が家ではオール電化(エコキュートとIHクッキングヒーター)&太陽光発電をリフォームで導入しました。
導入過程の重要ポイント、経験して初めて知った事など、体験談をご紹介します。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話 お財布の味方
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン ブログ



<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。


光熱費節約額で初期投資をどのくらい回収できているかを表示。


2015年8月でオール電化を導入して12年経過しました。
この間のオール電化(太陽光除く)の光熱費低減効果は
1,038,007円で、1ヶ月平均7,221円になりました。

10年5ヶ月時点で元が取れています!



太陽光発電は2015年8月で、本格稼動から11年9ヶ月です。
この間の光熱費削減効果は
745,053円で1ヶ月平均5,280円です。

このペースだと15年2ヶ月で元が取れる計算になります。
つまり、あと3年5ヶ月です。



(2015.08.23記載)

【備考】

 光熱費削減効果は2002年9月〜2003年8月までの光熱費を基準に算出しています。
 導入当初、オール電化は8年ほどで元が取れるペースで推移していましたが、
2009年11月時点で、10年にペースダウンしています。
 この理由は、主に電気料金(特に深夜電力料金)の値上げによります。

 しかし、2008年8月時点の従量電灯B契約の単価で、2002年9月〜2003年8月の
使用電力量の電気代を計算すると、当時より年間で約1万円も高くなります。

 つまり、基準としている2002年9月〜2003年8月の電気代を現在の時価で計算
し直すと、本当の光熱費削減効果は年間約1万円多いはずです。

 プロパンガスや灯油の単価の上昇についても同様のことが言えるので、このサイト
の光熱費削減効果(=投資回収状況)は、導入前の光熱費を時価で計算し直した
場合よりも、少なめに見積もっていることにご留意ください。

 ただし、電気料金やガス単価が変る度に時価で計算しなおすのは面倒なので、
今後も導入前の光熱費を時価換算しないで削減効果を算出することにします。

(2009年11月記載)




<前 次>


<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話 お財布の味方
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン ブログ

TOP『我が家のオール電化&太陽光発電』−導入体験者だからここまで語れる−

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー