太陽光発電の損益分岐点、その2
09.11.23執筆

我が家ではオール電化(エコキュートとIHクッキングヒーター)&太陽光発電をリフォームで導入しました。
導入過程の重要ポイント、経験して初めて知った事など、体験談をご紹介します。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン


太陽光発電



<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。



 2009年11月から、『余剰電力の固定価格買取制度』が始まりました。
 これによって、損益分岐点の考え方が今までとは異なってきますので、その考察をしてみます。

 ここで難しいのは『余剰電力だけ』固定価格ということです。設置定格容量の
大小や昼間の電気の使用状況によって、発電量に占める余剰電力の割合が
家庭毎に違ってしまいます。
 例えば、我が家は1.8kWの小容量システムなので、余剰電力率は約50%です。
しかし、4kWシステムなら余剰電力率が70%くらいになるご家庭もあります。
(一般論として、設置定格kW数が大きいほど余剰電力の割合が大きい)

 そこで、一つの方法として、余剰電力単価48円が10年間続くとして、10年で元が取れるためには、kW当りいくらで買えればよいか、を複数の余剰電力率に対して試算してみます。


 場所:東京、設置面の方位:真南、設置面の傾斜角:30°とすると、各社の1kW当りの年間予想発電量は以下の通りです。(2009年11月現在の各社シミュレーション)

   ハイブリッドシリコン(HIT)(三洋)   : 1,115kWh
   多結晶シリコン(シャープ)       :   991kWh
   多結晶シリコン(京セラ)        :  1,032kWh
   多結晶シリコン(三菱)         :  1,038kWh


 10年間の1kW当りの経済効果=1kW当りの年間予想発電量×10年
                     ×( A × b 円+(1−A) × C円 )

 として計算します。ここでは、以下のように定義します。

   A:余剰電力率(=余剰電力量/発電電力量)
   B:余剰電力の買取単価
   C:自家消費分の単価(≒購入電気料金)


 結果をFig.1に示します。

Fig.1


 多くのケースでは余剰電力率が60〜70%だと言われています。
 その場合、国の補助金を引く前の税込kW単価が50万円前後で購入できないと、
10年で元は取れないということになります。多くの人は無理ではないでしょうか?

 ただし、自治体の補助金があれば、それを上乗せしたkW単価で良いので、
補助金額によっては可能だと思います。
 東京都などは10万円/kWなので、結構いけそうですね。


 さて、国の補助金だけでは、10年で元を取るのが難しいことが分かりました。

 それでは15年だったらどうなるでしょう?

 固定買取期間は10年と決められており、その後の買取単価は未定です。
 そこで、11年目からの買取単価を、48円、24円、12円、18円として試算しました。

 48円は固定期間が5年延長の場合、24円は現在と同程度、12円は現在の半分、
18円は12円と24円の間という意味合いです。

Fig.2 (11年目以降の買取単価:48円)


 固定期間が5年延長されれば、税抜70万円/kWの購入で元は取れそうです。
 ただし、固定期間が5年延長される可能性は低いと思います。


Fig.3 (11年目以降の買取単価:24円)


 11年目からの買取単価が現在と同程度であっても、現在の『相場』と言われて
いる価格で購入できれば、まあまあ元は取れそうです。
 しかし、この24円も、かなり楽観的な買取単価だと考えておいた方が無難です。


Fig.4 (11年目以降の買取単価:12円)


 11年目からの買取単価が現在の半分になった場合、15年で元が取れるためには、ある程度購入価格にこだわるか、昼間の節電に励む必要がありそうです。
多結晶は税込で60万円/kWを割らないといけません。

 あまりこういう状況になって欲しくは無いですが、11年目からの買取単価が現在の半分というのは、結構高い確率で、「あると思います」。


Fig.5 (11年目以降の買取単価:18円)


 明確な根拠は無いのですが、この辺が落ち着きどころかな? というのが18円で、
Fig.5の通りです。


 さて、ちょっと悲観的になってしまいそうな結果でしたが、考えてもみてください。
 『余剰電力固定買取』が始まる前(『太陽光発電の損益分岐点』参照)は25年
元が取れるかどうか? という議論をしていました。
 それが、15年で元が取れるかどうか? の議論になっただけでも大きく前進したのではないでしょうか?





<前 次>


<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン

TOP『我が家のオール電化&太陽光発電』−導入体験者だからここまで語れる−

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー