太陽光発電の損益分岐点

我が家ではオール電化(エコキュートとIHクッキングヒーター)&太陽光発電をリフォームで導入しました。
導入過程の重要ポイント、経験して初めて知った事など、体験談をご紹介します。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン
 



<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。



 太陽光発電は何年で元が取れるのか? あるいは○○年で元を取るためには、どのくらいの価格で購入できれば良いのか? について検討してみました。

(下記の記載は2009年11月開始の「余剰電力買取制度」を考慮していません。)
 「余剰電力買取制度」を考慮した検討は、『太陽光発電の損益分岐点、その2
 をご覧下さい。)

 建築時ではなく、リフォームで太陽光発電を導入した場合の損益分岐点を探ってみます。太陽光発電単独の試算であって、エコキュートなど、オール電化による光熱費節減効果は一切含んでいません。

 調査の対象は、シャープ、京セラ、三洋の結晶系(多結晶)の太陽光パネルと、三洋の高効率タイプ(ハイブリッド型HIT)です。

 各社太陽光発電の容量1kW当たりの年間発電量(各社のシミュレーション値を使用)は以下の通りです。[場所:東京、傾斜角:30度、方位:真南]

   ハイブリッド型HIT(三洋)  : 1,092kWh
   結晶系シリコン(三洋)   : 1019kWh
   結晶系シリコン(シャープ) :  990kWh
   結晶系シリコン(京セラ)  :  995kWh

 横軸に年数、縦軸に発電量[kWh/システム容量]をとると、Fig.1のようになります。
  

Fig.1


 発電量に売電単価(26.25円、税込、東京電力「電化上手」=季節別時間帯別料金)をかければ、売電金額になります。(Fig.2参照)
 容量1kW当たりの年間発電量は以下の通りです。

   ハイブリッド型HIT(三洋)  : 28,661円/年
   結晶系シリコン(三洋)   : 26,754円/年
   結晶系シリコン(シャープ) : 25,985円/年
   結晶系シリコン(京セラ)  : 26,113円/年

 この値に年数をかければ、その年数で元が取れるための購入価格が分かります。
 ここでは、25年の場合を例にとります。元が取れるための価格は以下の通りです。

   ハイブリッド型HIT(三洋)  : 71.7万円/システム容量kW
   結晶系シリコン(三洋)   : 66.9万円/システム容量kW
   結晶系シリコン(シャープ) : 65.0万円/システム容量kW
   結晶系シリコン(京セラ)  : 65.3万円/システム容量kW

 夢を壊すようで心苦しいのですが、太陽光発電はこの価格で買わないと25年で元が取れないんです。もちろん、売電単価が上がれば損益分岐購入価格は高くなります。
これは料金体系の選び方によっても微妙に違います。実際、我が家(東京電力「おトクなナイト10」)の場合、今までの平均売電・自家消費価格(税込)は29.5円です。

Fig.2


 逆に、購入価格が分かれば、何年で元が取れるかが分かります。
 訪問販売での標準的(?)な価格は以下の通りのようです。

   京セラ (多結晶)   : 80万円/kW
   サンヨー(ハイブリッド): 80万円/kW
   シャープ(多結晶)   : 75万円/kW

 それから、訪問販売にはボッタクリ価格というものが存在します。

   ボッタクリ価格     : 90万円/kW

 それぞれの場合、元が取れるまでの年数を逆算すると、

   京セラ (多結晶)   : 30.6年
   サンヨー(ハイブリッド): 27.9年
   シャープ(多結晶)   : 28.8年
   ボッタクリ価格     : 31〜35年(各社製品による)

 これらをFig.3に示します。

Fig.3


 訪問販売の標準的な価格、ましてやボッタクリ価格で購入するとなかなか元が取れないということがお分かり頂けましたでしょうか。しかも、ここまでの話は全額即金で購入した場合であって、ローンを組んだらもっと状況は悪くなります。

 新エネルギー財団の平成16年度の太陽光発電システムkW単価の多結晶タイプの平均値が64.1万円(税込で67.3万円)です。前記、25年で元が取れるための価格とほぼ同じくらいですので、「25年で元が取れる価格」が世の中の平均値だということです。

 私は決して「太陽光発電は採算が取れないからやめましょう」と言いたい訳ではなく、「太陽光発電てこんなもんですよ。導入するなら、それなりの覚悟と納得のいく検討が要りますよ」って言いたいだけです。

 やはりエコキュートなどと一緒に導入して、トータルの投資回収率を上げながら、トータルのCO2排出量を抑制するのが良いのだと思います。

 地球温暖化防止のためには、新エネルギーの開発・普及が不可欠で、私は太陽光発電はその中で重要な位置を占めると考えます。だから、どこぞのCMではないですが、日本中の屋根に太陽光パネルを置きたい! ただし、経済性をよく理解し、納得した上で、一人でも多くの人に導入して頂きたいです。そして、不当に高額な価格で購入してしまわないための情報提供に努めていきたいと思います。




<前 次>


<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン

TOP『我が家のオール電化&太陽光発電』−導入体験者だからここまで語れる−

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー