オール電化&太陽光発電:購入マニュアル
'12.04.01 改定35版

我が家ではオール電化(エコキュートとIHクッキングヒーター)&太陽光発電をリフォームで導入しました。
導入過程の重要ポイント、経験して初めて知った事など、体験談をご紹介します。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話 お財布の味方
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン ブログ




<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。

4.太陽光発電の導入について

 ・太陽光発電の導入に向いている屋根は、
    方角:南東〜南西(もちろん真南がベスト)、
    傾斜角:20〜40度(30度がベスト)、
    1面で設置できること


   2面設置(例:南面と東面)や3面設置(東、南、西面)では設置費用が割高で、
  発電量は1面設置より少なくなります。
   元が取れなくても環境保全に貢献したい方にはお勧めしますが、経済性を
  求めるなら、上記条件を満たさない場合は導入自体を見送った方が無難です。

 (上記条件は目安であり、満たさなくても許容範囲の角度・方位条件はあります。
  詳しくは「情報・体験談・秘話」→「太陽光発電と屋根の角度・方位」を参照。)


 ・太陽光発電は儲かりません。(09/10/31以前

  太陽光発電の単独計算で15年以内で元が取れることはめったにありません。
  妥当な価格で購入しても大抵は20年以上かかることが多いです。
  地球環境保全に貢献しながら、将来に投資するという心構えが必要です。

 (「情報・体験談・秘話」→「太陽光発電の損益分岐点」参照)


 太陽光発電の余剰電力買取単価アップについて(09/11/21現在)

  経済産業省資源エネルギー庁は、太陽光発電の余剰電力の買取単価を1kW
 当たり48円とすることを決定し、09年11月01日から実施されました。
  各家庭では、11月の検針日以降に順次買取単価が変更されます。

  この制度の開始により、10〜15年程度で元を取れる可能性もあります。

 詳しくは、 http://www.enecho.meti.go.jp/kaitori/index.html を参照のこと。


 (「情報・体験談・秘話」→「
太陽光発電の損益分岐点、その2」参照)


  固定買取価格は11/04/01から、1kW当り42円に減額されました。
  12/07/01以降、変更される可能性があります。

  (12/04/01追記)



 【注意】

   余剰電力量[kWh] = 売電量[kWh] = 発電量[kWh] − 自家消費量[kWh]

    (自家消費:発電しながら家庭内で同時に消費している電力)

 です。単価が高くなるのは、あくまでも『余剰電力量(=売電量)』だけです。
 時々、業者の経済効果の見積で、発電量全てが48 42円で買い取られるという
 前提で計算している場合がありますが、それは間違いです。十分ご注意を!
 (単純な計算ミスでなく、意図的に経済効果を高く見積もっている事もあります)
 (12/04/01修正)

 

3.IHクッキングヒーターの機種選定について ←前   目次   次→ 5.太陽光発電の発電量と経済効果について



太陽光発電


<前 次>


<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話 お財布の味方
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン ブログ

TOP『我が家のオール電化&太陽光発電』−導入体験者だからここまで語れる−

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー