太陽光発電の普及と普及推進策に関する考察
12.05.06更新41版(08.08.24新設)

我が家ではオール電化(エコキュートとIHクッキングヒーター)&太陽光発電をリフォームで導入しました。
導入過程の重要ポイント、経験して初めて知った事など、体験談をご紹介します。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン





<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。



はじめに


 080729日、福田内閣は、太陽光発電に対する補助政策を復活させ、技術開発と需要拡大で35年で価格を半分にすることを閣議決定しました。

 しかし、その閣議決定の基となる「中間とりまとめ(緊急提言)案」(総合資源エネルギー調査会 新エネルギー部会)の内容は、とても太陽光発電の普及を本気で考えているとは思えない酷いものでした

 私は自分なりに「太陽光発電の普及推進策はどうあるべきか」を考察し、この場で主張しようと思い立ちました。08年8月24日に新設し、加筆・修正を重ねて、'12年05月06日現在で第41版に至っています。

 あくまでも私見ですが、ご一読頂ければ幸いです。


目次(クリックでジャンプします)

1.過去の失政−2003〜2004年が転機だった−

2.今後の展望−本当にこれで良いの?−

3.売電単価引き上げ策の提案−価格転嫁は可能だ!−

4.補助金は売電単価引き上げまでの繋ぎ
−だからこそ急げ!2008年下期から実施せよ−


5.資源エネルギー庁の資料から、その思惑を読み解く

6.2008年度下期 09年01月からの補助金政策に関する考察

7.ついに「本命・売電単価の引き上げ」の実現か!
−新しい買取制度について−


8.2009年度の補助金政策に関する考察

9.民主党の『太陽光発電普及推進策』に関する考察

New! 10.「再生可能エネルギー特措法」と「平成24年度 住宅用太陽光発電導入支援復興対策費補助金」に関する考察

 

 目次   クリック→ 1.過去の失政−2003〜2004年が転機だった−




<前 次>


<前 次>

上記広告主について、必ずしも管理人がその良否を確認できておりません。購入・契約の際にはご自身の責任でご判断ください。
「自己責任」の心の準備が出来ていない方にはクリックすることをお勧めしません。

TOP 自己紹介 導入機器 データ集 情報・体験談・秘話
掲示板 仲間の部屋 リンク集 更新情報 メールマガジン

TOP『我が家のオール電化&太陽光発電』−導入体験者だからここまで語れる−

 

 

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー